日本英学史学会のメインビジュアル

日本英学史学会本部の定期研究会

  • 本部例会案内
  • 開催日・会場について
  • 9月2日午後2時から開催予定の研究例会会場変更。
    杏林大学井の頭キャンパスE棟1回E101教室での開催。

    アクセス:三鷹駅南口前ロータリーのバス乗り場8番「杏林大学井の頭キャンパス行き」
    小田急バス鷹63 所要時間は15分

年間スケジュール (全て土曜日、午後2時開始)
2017年7月1日(土)・8月休会(暑中につき)・9月2日(土)・10月7日(土)・11月休会(全国大会開催直後のため)・12月2日(土)・2018年1月6日(土)・2月3日(土)・3月3日(土)
会場 会場 2017(平成29)年度,本部例会は8月,11月を除き毎月開催となります。 教室は随時HPにてお知らせ致します。
教室は随時HPにてお知らせ致します

拓殖大学文京キャンパス(C館3階C304教室)
住所:112-8585 東京都文京区小日向3-4-14
TEL:: 03-3947-7111
東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分

◎グーグルマップで確認する
交通 東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分
http://www.takushoku-u.ac.jp/
参加費 会員と非会員の参加費はともに無料!!。奮ってご参加ください。

発表にあたっての注意事項

  • 発表申込み・問合せは本部事務局へ。
  • 発表時間は1件45分+質疑応答15分。
本部例会のご案内
  • 本部例会案内
  • 2017年
開催日 発表者 タイトル 司会者
第514回 2017年9月2日(土) 北垣宗治 「堀孝彦著『続「戦後」倫理ノート』を読む」 楠家重敏
第513回 2017年7月1日(土) 遠藤佳那子 「アストン『日本文語文典』における国学の受容」 調整中
第512回 2017年6月3日(土) 塩崎智、飯森明子 「百周年を迎えた日米協会― 太平洋戦争前後の活動を中心に ―」 調整中
第511回 2017年5月6日(土) 保坂芳男 「山口県の旧制中学の外国人講師に関する研究:萩中学校を中心に」 調整中
第510回 2017年3月25日(土) 塩崎智 日本英学史における研究リエゾンの試み―西岡淑雄氏の研究「明治5年2月18日横浜発のアメリカ号で渡航した留学生たち」(英学史研究26号掲載、1993年)の追跡調査結果 楠家重敏
第509回 2017年3月4日(土) 川瀬健一 「齋藤修一郎と英学①-沼津兵学校付属小学校時代―」 塩崎智
第508回 2017年2月11日(土) 今村志紀 「アストン『口語文典』の改訂にみられる日本語理解の変遷について」 楠家重敏
第507回 2017年1月7日(土) 楠家重敏 「自著を語る:『幕末の言語革命』」 塩崎智
  • 2016年
開催日 発表者 タイトル 司会者
第506回 12月3日(土) 川瀬健一 「越前府中と蘭方眼科医齋藤策順家―齋藤修一郎を育んだ土地と時代―」 赤石恵一
第505回 10月1日(土) 武市一成 「松本亨―研究余滴」 大前義幸
第504回 9月3日(土) 常盤智子 「日本語資料としての英学会話書」 楠家重敏
第503回 7月2日(土) 高木不二 「横井左平太のアメリカ留学」 塩崎智
第502回 6月4日(土) 容應萸 「19世紀後半のニューヘイブン:アメリカ人、日本人と中国人留学生」 小林敏宏
第501回 5月7日(土) 川瀬健一 「齋藤修一郎のアメリカ観」 増井由紀美
第500回 4月2日(土) 石原千里 2:00-2:10 挨拶:塩崎智
2:10-3:10 研究発表:石原千里「英語事始とオランダ通詞―名村五八郎研究から―」
3:10-3:25 質疑応答
3:25-3:30 休憩
3:30-4:00 講演:速川和男 司会:楠家重敏
4:00-4:10 事務局連絡
4:10-4:20 7Fラウンジへ移動
4: 20-4:25 挨拶:茂住實男
4:25-5:00 茶話会

懇親会(場所未定)
河元由美子
第499回 3月5日(土) 石本理彩 「H.G.ポンティングと日露戦争」 赤石恵一
第498回 1月9日(土) 塩崎智 「モンソンに眠る土浦藩留学生国友瀧之助と海軍省派遣留学生たち」 保坂芳男
  • 2015年
開催日 発表者 タイトル 司会者
第497回 11月7日(土) 楠家重敏 「サトウ・ヘボン・アストンの新資料」 武市一成
第496回 9月5日(土) 沼倉研史 「宮城県米川村有美堂文書にみる江戸期阿蘭陀医学書の変遷(現物展示)」 河元由美子
第495回 7月4日(土) 藏原三雪 「フィラデルフィアのセントラル・ハイスクールとW. E. Griffis」 保坂芳男
第494回 5月9日(土) 小林敏宏 「森有禮と英学」 音在謙介
第493回 3月14日(土) 飛田良文 「福沢諭吉『福翁自伝』の英学記事をめぐって」 大前義幸
第492回 1月10日(土) 三好彰 「幕末の英和辞書に於けるフランス語の役割」 塩崎智
  • 2014年
開催日 発表者 タイトル 司会者
第491回 11月1日(土) 石原千里 「諳厄利亜興學小筌と諳厄利亜語林大成の底本をめぐって」 塩崎智
第490回 9月6日(土) 楠家重敏 「幕末語学事情 ―オランダ語、英語、フランス語―」 小林敏宏
第489回 7月5日(土) 北垣宗治 「金森通倫の英語の手紙・自伝」 白山映子
第488回 5月10日(土) 田中順張 「日米関係を決めた三人のルーズベルト」 塩崎智
第487回 3月1日(土) 飛田良文 「福澤諭吉訳「増訂華英通語」の増訂について」 赤石恵一
第486回 1月11日(土) 川瀬健一 「『いろは文庫』の英訳⑤-ルーズベルト伝説の真偽」 武市一成
  • 2013年
※2013年度より隔月開催・開始時間午後3時に変更
開催日 発表者 タイトル 司会者
第485回 11月2日(土) 楠家重敏 「駐日イギリス外交官の日本語新聞英訳」 河元由美子
第484回 9月7日(土) 齋藤晴恵 「Keats没百年祭と豊田實」 丹沢栄一
第483回 7月6日(土) 川瀬健一 「いろは文庫の英訳③」-テキスト選択の謎ー 長谷川勝政
第482回 5月11日(土) 楠家重敏 「イギリス外交官の日本研究(幕末~明治初年)」 石原千里
第481回 3月2日(土) 丹沢栄一 「明治27年の杉村楚人冠日記に見られる英文について」 楠家重敏
第480回 2月16日(土) 早川勇
王 斌
辻村英介
「明治におけるサミュエル・ジョンソン受容の3形態」
「明治における経済用語の成立過程―その序章―」
「『英語青年』の立役者――平田禿木」注:この回は、発表者3名
早川勇
第479回 1月5日(土) 川瀬健一 『いろは文庫』の英訳②-齋藤修一郎と「忠臣蔵」の密接な関係-
注:この回のみ午後3時開始
塩崎智
  • 2012年
開催日 発表者 タイトル 司会者
第478回 12月1日(土) 石原 千里 ジェイムズ・ビッドルと堀達之助 相原由美子(コメンテーター:堀孝彦)
第477回 11月10日(土) 川瀬 健一 『いろは文庫』の英訳①-翻訳の実際から見た英訳の意図
注:この回のみ午後3時開始
石原千里
第476回 9月1日(土) 武市 一成 「英語で考える」についての社会的反応:ハロルド・E・パーマーと松本亨 釘島浩子
第475回 7月7日(土) 川瀬健一 斎藤修一郎の比較文明論―歴史叙述方法の違いから見た日・中・欧 橋本かほる
第474回 6月2日(土) 楠家重敏 駐日イギリス公使館の日本語学習・日本研究 武市一成
第473回 5月12日(土) 宮田和子 19 世紀入華宣教師 C.W. マティアの著作をめぐって 相原由美子
第472回 4月7日(土) 沼倉研史 Hattie Gringの手紙に見る対訳漢和英字書の成立過程 河元由美子
※本年4月例会から、会場が東京家政大学に変更になります
第471回 3月3日(土) 水野 修身 杉村楚人冠の青年期における英学―日記を通して― 丹沢 栄一
第470回 2月4日(土) 宮田和子 肖像・風景画家チネリーと速記の謎をめぐって 石原 千里
第469回 1月7日(土) 武市一成 戦後民衆の英語に対する意識の一断面―NHKラジオ英語会話「皆さんのポスト」を事例に 篠田 左多江

Page Top