日本英学史学会のメインビジュアル

『英 学 史 研 究』

『英 学 史 研 究』〈第43号〉 2010

〔論 文〕

長 谷 川  勝  政本田増次郎と清国留学生教育――「グアン・メソッド」と「筆談」による日本語教育――

〔資料調査・研究報告〕

宮  田  和  子Chinese RecorderにみるC. A. Stanley の記録 ――『英華萃林韻府』(1872)第3部の執筆者をめぐって――

日本英学史学会 第46回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙  報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第44号〉 2011

〔論 文〕

加藤詔士後藤牧太の英国留学
石原千里ルイス・村上編Ranald MacDonaldとK. T. Takahashi
長谷川勝政本田増次郎訳Human Bullets(『肉彈』)を英米人は如何に読んだか?

〔資料調査・研究報告〕

白山映子Recollections of a Happy Life『幸せな旅の追憶 Ⅰ』
―Marianne Northによる日本滞在回想録―

日本英学史学会 第47回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第45号〉 2012

北垣宗治 巻頭辞

〔論 文〕

長谷川勝政 本田増次郎とキリスト教児童文学:訳書『黒馬物語 一名驪語』の持つ意味
高畑美代子イザベラ・バードのUnbeaten Tracks in Japanの4種の改訂版の意義 
楠家重敏日英修好通商条約第21条をめぐって

日本英学史学会 第48回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第46号〉 2013

〔論 文〕

長谷川勝政本田増次郎のユーモア観:
『英學新報』『英文新誌』『英語青年』の寄稿文から
小林信行イギリスにおける平田禿木(2)
岩上はる子「英文學叢書」と岡倉由三郎―日本の英文学受容について―
齋藤晴恵わが国におけるキーツ受容―キーツ百年祭と豊田實―
加藤詔士荘田泰蔵のグラスゴウ大学留学

〔資料紹介〕

高畑美代子イザベラ・バードが通訳のイトーに贈った懐中時計と伊藤の写真同定
小野澤隆遠江の英学―ある豪農の起業への影響―

日本英学史学会 第49回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第47号〉 2014

〔論 文〕

平田諭治「美術使節」としての岡倉由三郎 ―1930年代初めの「日本」の語りについて―
楠家重敏幕末駐日イギリス外交官の日本語文書翻訳

日本英学史学会 第50回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第48号〉 2015

〔論 文〕

岩上はる子F. V. ディキンズと日本文学―『仮名手本忠臣蔵』の翻訳について― 
加藤詔士グラスゴウ大学創立450周年記念式典(1901)
―明治日本とグラスゴウ大学の交流―
楠家重敏幕末・明治初期の英字新聞の日本語著作英訳           
保坂芳男京都の番組小学校における英語教育:その実態の解明に向けて
三好彰英国の新聞に見る薩摩藩留学生                 
王斌明治初期の西洋経済学書の導入

日本英学史学会 第51回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第49号〉 2016

〔論 文〕

岩上はる子F. V. ディキンズの再来日の日々を追う―マリア・ルス号裁判を中心に― 
三好彰『英米対話捷径』の編纂法の考察
菅紀子新渡戸稲造と松山事件           
楠家重敏イギリス公使館の通訳見習制度
赤石恵一札幌農学校教頭W. S. Clarkの英語教育:自律支援的集団の創造

〔研究ノート〕

井上能孝蘭学者武田斐三郎&諸術調所

日本英学史学会 第52回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
本部例会,各支部大会・例会発表レジュメ
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

Page Top