日本英学史学会のメインビジュアル

『英 学 史 研 究』

『英 学 史 研 究』〈第53号〉 2020

〔論 文〕

三好彰『英和対訳袖珍辞書』における重複した邦訳表現の考察
平田諭治岡倉由三郎における文学の出発点―1880~90年代の「英語」「英文学「文学」の位相―         
保坂芳男山口県に勤務した外国人講師のキャリア形成に関する研究―東日本での展開に焦点を当てて―         
斎藤浩一英語界と戦争責任・戦後民主主義:中野好夫と市川三喜の衝突(1948年)への再解釈を通して         
加藤詔士帰国後のお雇い教師Hダイアー ―グラスゴー技術教育の改革―

日本英学史学会 第56回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙  報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

『英 学 史 研 究』〈第54号〉 2021

〔論 文〕

Keiichi AkaishiThe early life of James Summers: How he became an English teacher in Japan
千代間泉英国皇孫京都観光(1881)に関する研究         
平田諭治岡倉由三郎における翻訳の出発点―1890年代の西欧文学の翻訳実践について―         
高畑美代子新潟T.A.バームの医療伝導―若手地方医師たちの再教育の現場としての役割――

日本英学史学会 第57回全国大会 口頭研究発表レジュメ 目次
彙報
『英学史研究』執筆要項
編集後記

Page Top